ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

軍師官兵衛13話

f:id:kumonokanatani0501:20180113001953j:image

 

秀吉、半兵衛と官兵衛の関わりが面白い回でした。
官兵衛にとって半兵衛とはどのような人物か、というのを考えますと、
・秀吉の先輩軍師である
・年上
・織田家…羽柴家から天下を見ている広い視野
・松寿丸の命の恩人

と常に一枚上手な人物という印象があります。
大河ではここまでは、半兵衛は厳しい課題を与えながらも認めているという感じでしょうか。
親密なイメージがありましたが、実際は衝突も多かったかもしれませんね。

「両兵衛」と比較されますが、実際の付き合いは数年間。
その数年間で一生に影響するというのが深い付き合いだなあと思います。
軍師といえば張良諸葛孔明竹中半兵衛のイメージがあります。

孔明も半兵衛も張良をきっと意識したでしょう。
実際病弱、女顔、金銭欲や領土欲がないところ似てますし。

比べて官兵衛は自己顕示欲が軍師の割には強めで、クールになりきれない印象です。魅力でもありますが、この点後々秀吉に疑われる原因になります。

秀吉から義兄弟の誓紙をもらっていまますが、史実は知行についての誓紙ですね。燃やして驚く岡田官兵衛がおもしろい。

姫路城を献上する官兵衛ですが、これはすごい行動で、秀吉をよっぽど信用…というか信頼していないとできないことです。水魚の交わりと行ったところでしょうか。

また、黒田家や小寺家だけでなく、播磨やその先の天下を見ていることがよくわかります。

この広い視点を半兵衛が認め、軍師官兵衛となって行くのでしょう。

分かるまい! この俺のお寺を通して出る力が!

f:id:kumonokanatani0501:20180112162406j:image

分かるまい! この俺のお寺を通して出る力が!

 

バイオセンサー搭載機には乗ってませんが、仏力はお借りしています(^∇^)

Skype復活させてみた

復活させてみた。

古い仲間が使っていたので。

 

skypeの出始めの頃使ってたなあ。

当時はスマホもLINEもなかったので、便利であった。

 

skypeで人間関係も復活するとよいな。

逆シャア30周年

f:id:kumonokanatani0501:20180109111637j:image

逆シャア30周年なんですな、今年は。

 

小学生の時、叔父からビデオを見せてもらった(どうもロボットオタクだったようだ)。

フィンファンネルの美しさは今も忘れられない。

 

20歳をこえてからアムロやシャアの人間模様が、30歳をこえてから、思想がわかるようになってきた。

一番好きなガンダムかつ、一番好きな映画。

遠方…ポーランドより友来たる

f:id:kumonokanatani0501:20180107123902j:image

 

ポーランドよりアルトゥル&モニカ夫婦が京都に来たのでしゃぶしゃぶを食いに。

しゃぶしゃぶの存在は知ってたが、食べ方は知らなかったらしい。

 

 

かつて存在した、伏見の異文化交流団体サラダボウルの仲間です。

 

彼らは留学生でして、アルトゥルは当時から日本語ペラペラでした。

僕?英語も翻訳アプリ使うくらいですな(笑)

アルトゥルは日本語とポーランド語の通訳をしてるようで、日本語で会話に困る事はありません。

 

娘が2人いますが預けて来て2週間滞在してるのだとか。

 

2人とも留学生だったので、京都の神社仏閣はすでに見ているらしく、興味ないから今回はスルーしてるとのこと。

オタクなんで、新京極と寺町のオタクショップ案内、ゲーセン巡りしてあげたら喜ばれました(^∇^)

 

ポーランドにはゲーセンがないらしい。

ビリヤードとかはあるとのこと。

日本はオタク文化、ゲーム文化が高いのですねー。

 

ポーランド…いっぺん行ってみたいな。

また会おう友よ。

実は人に興味がない?

義理と人情とは別口で、本日はどうも人とあまり関わりたくないらしく、人に会わずにいます。

 

実は人にあまり興味がないのか?

などと新しい観点で自分を見ています。

人に本当に興味があるなら、人によって会わずにいられないと思うのですが、人との関わりが億劫になったり。

 

自分が思ってるほど社交的でもないかもしれません。

一時的かもしれませんが。

それもまた楽しむとしましょう。

 

社交的と篭るのは同居するものなんですかね。

義理と人情を車に載せて。

ブログやFacebookを中心にアップするのは好きな方なんですが、12月はほとんど更新していません…というかほとんどできませんでした。

 

例年何だかんだでアップしているんですが、去年はより特殊な一か月でした。

 

 

僕の便利屋は運送屋が主体なんですが、去年は草刈りがメインでここ数年で一番運搬していなかったのですが、12月に大量に来ました。

運送屋でない仕事も並行していたので、膨大なエネルギーを消費しましたね。

忘年会は参加させていただきましたが、それ以外はあまり人と話さず、ひたすら運送業していました。

 

 

今回がいつもと違うのは、僕がこちらからお願いした仕事…運送でなく困っているから助けて欲しいというオファーだった点です。

 

3年前に辞めた宅配の仕事でした。

宅配というのは自分で時間をほとんど動かせず、割りに合わない仕事。特に下請けのケースは。

宅配を辞めてから、全て断っていたのですが、以前お世話になっていたところが、困っているので手伝ってくれという話がありまして。

 

話を聞くと、お世話になっている社長が困っているのではなく、この社長自身が他の困っている運送屋を助けたいとのこと。

この社長が義理堅く、自分を犠牲にしてでも助けるのはよく知っています。

12月の運送屋は年内で一番忙しいのです。文字通り心を亡くすくらい。

何もしなくてもただでさえ運営が相当辛いのは良く解っています。

 

その社長が、困っている運送屋を見捨てる事は出来ないから助けたいと。

だから僕に手伝って欲しいとのこと。

 

悩みました。他者のオファーもありましたし、多分そちらの方が儲かるでしょう。

 

しかし、取引先で一番困っているのはこの運送屋でしたし、ここには人生変わるくらいお世話にになりました。

 

ここはひとまず自分のスタイルは置いといて、義理と人情で運送屋で12月を過ごすかと決めたわけです。

運送するということは膨大なエネルギーを消費するので、他のことの優先順位をかなり落とさなけれならない、そして儲からないことはわかっているので、12月の売り上げを落とすことも、例年12月に稼いで1月〜2月の閑散期に備えるパターンも捨てることも覚悟して。

 

義理と人情と言っていますが、そのような自分の欲求を満たすための自己満足かもしれませんね。

 

運送中も悩みは止みません。

自分が動くと仕事は片付きますが、売り上げは落ちる…大丈夫か?

適度に切り上げて、儲かる仕事した方が良いのでは?

閑散期の備えは?

 

31日の夕方ギリギリまで、トラブルの連続で結局運送屋で12月を終えました。

 

12月としての売り上げはここ数年で最低で、1月〜2月の閑散期の対策はほとんどありません。

 

でも僕は知っています。

運送屋にとってドライバーがいないということは最悪で荷物が捌けないこと。

荷物が捌けないと物流がストップしてしまい、社会が混乱することを。

 

運送屋は社会の血流ですから止まると非常に困ります。

 

以前ヤマトがアマゾンの宅配を辞めたことで、中小企業の運送屋が配達する流れになりました。

 

その結果、荷物が届かなかったり、遅れるケースが続出しました。

 

アマゾンもすごいのですが、物流に関してはヤマトの社員が日々力闘しているから、きちんと荷物が皆さんまで無事届きます。

 

気づいた人は気づいたはず。

運送屋がきちんと集配するのは当たり前ではないと。

 

僕の困ったことは山盛りありましたし、今日1日の夕方までゴロゴロしていてようやく回復し今に至ります。

それぐらい精神と体力を消耗しましたが、僕が仕事したことで心底喜んでくれた人は、僕の知らない人、直接会ってない人を含めるとたくさんいるわけです。

 

今回は仕事について深く考えさせられる

件でした。

 

仕事するとすぐにお金になるわけじゃない。

でもたくさんの人に喜ばれたらきっと返ってくる。

そう信じて、新年も走り続けます。