ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

師の死と残された方々。

おもしろくない話だったので、今まで公開しませんでしたが、気持ちがひと段落したので日記にします。

 

1月末に師が亡くなりました。

ありがたいことに、僕には数人師匠がいますが、このNさんは庭師の師です。

 

以前便利屋で働いてた時の取引先だったのですが、その便利屋と揉めて辞めた時、僕側についてくれて仕事をくれた方です。

 

庭についていろいろ教わりました。

僕は庭師ではないので詳しくはないですが、Nさんのおかげで庭仕事も多少はできます。

 

ある日、

「う〜ん、まあええやろ。」

と庭の合格もらった時は嬉しくてガッツポーズとったっけ。

 

軽トラの横乗りしながらいろいろな話したなあ。

女性の話が一番盛り上がった。

 

艶福家で、本宅と愛人宅があって、僕が知ってるだけで3人愛人がいました。

70代半ばだったのに(驚)。

 

最期はガンで、亡くなる前に車の処分を頼まれて、売却した時には感謝されましたよ。

 

庭道具の一部を僕にくれました。

形見のつもりだったのでしょう。

大切に使っています。

 

 

亡くなった後、本宅は奥さんと息子さんがいらっしゃるのでいいとして、長岡京になる別宅と愛人のYさんがどうなるか気になってました。

 

もう家も処分してしまったのだろうか…。

 

常にYさんが長岡京の家に住んでるわけではないのは知っていたので、行っても会えないかもしれない…それどころか、売却済みもしくは解体済みかもしれない。

 

 

たまたま近くで仕事があったので、行ってみました。

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

Yさんがたまたまいらっしゃいましたよ。

月に数日しかいないのにタイミングばっちり。

自分の引き寄せ力を褒めたい。

 

 

亡くなったNさんの話など、いろいろ話してきました。

愛人が数人いたのは知らなかったらしい(笑)

 

この愛人…Yさんも相当変わっていて、Nさんの20代半ばの頃から付き合っていたよう。

Nさんは20代前半で結婚しているので、結婚後すぐYさんと付き合って50年くらい…。

そしてYさんは結婚はしていない。

 

 

 

長岡京の家はYさんの名義になっているので、別宅として月に数日一人で気楽に過ごしているとか。

本宅は奥さんと息子さんが。

別宅はYさんが。

 

Nさんは死後を踏まえて、財産を分けて残しておいたんですね。

 

 

Yさんがどうなっていたか気になってましたが、それなりに幸せに生きているようで安心しました。

 

また会うこともあるはず。

 

 

 

NさんとYさん。

いろんな人生があるなあと、生きるとは何かと考えさせられました。

 

 

YさんからNさんの仕事道具をもらいました。

僕も便利屋というか、人生頑張って生きようと思います。

 

NさんYさん、ありがとう。

水とわたくし

わたくしは水にご縁があるらしい。

父は高校時代、小樽で水泳の国体選手だった。今でも日本水泳連盟の北海道評議員をしている。

 

水泳に興味がないこともないが、父がコーチの水泳教室にビジターで行ったがダメ出しされたので行かなくなった。

 

あと、父と比較されるのが嫌なのもある。

 

九星気学は一白水星なので、才能はあったかもしれないが、青少年時代では開花することはなかった。

 

この能力は運送屋に生きたようだ。

一白水星は水や流れるものに適性がある。物「流」もそう。

運送屋は問題はあるが、飽きたりしんどくてやめることは今のところない。

 

もっと水に近づくと才能が目覚めたりするのだろうか。

 

 

もったいない製麺屋

昨日突然お世話になってる人から電話がかかってきて、3週間くらい麺を運ぶことになりました。

製麺屋は何代か続いてるらしく、売れるところに麺を置いていて、どうも儲かっているようです。

儲かっているのにどうもやる気がないらしい。
値段も強気とか。

ちょっとなげやりになってるみたい。

もったいない。

後継者がいないのもあるかもしれません。

なんの商売でも、どこの地域でもお金があっても人…後継者問題はありますね。

ペットショップについて

配達に行っていたペットショップが潰れました。

ペットショップってめっちゃコストかかるよなあと前から思っていましたね。

えさ、水、光熱費、散歩、遊び、風呂、毛のカット…

そして問題なのが大きくなったら売れなくなる…廃棄???

ということは……

じゃないかということ。

グッズやえさなどは、こまこま売れるとしてペットそのものは、ほいほい売れるものではない。

商売である以上何か儲かる秘密がある。
何か…。

思いつくのは一つしかない。
これだけコスト、リスクがかかって一匹めっちゃ高いということは…。

「原価」めっちゃ安い。
仮に20万のペットの原価が下手すると仕入れ値数百円。

いろいろあるかもしれませんが、これしか思いつかない。

不思議な世界ですな。
そして潰れた店のペットはどこへ?
違う店に行くのか、あるいは…。

アンチコンビニエンスなコンビニ

近所のセブンイレブンが深夜営業しなくなりまして。

 

最近の流れですが、夜更かししてるとやっぱり不便なわけです。

 

小腹がすいたり、酒買おっかなーって時に。

 

社会的には深夜営業は辞めたほうがいいと思ってましたが、実際に辞めてしまうと文句言うという、なんとも傲慢ですな。

 

さらに深夜営業を辞めることによって、商品がこないので、朝も陳列棚がガラガラなわけです。

 

コンビニは深夜営業は、売り上げを伸ばすわけではなく、納品と陳列、おそらく整理や掃除のために空けています。

 

営業してなくても、飲み物やアイスは冷やさなくてはならない。

 

深夜に納品や陳列などは客がいないからやりやすい。

 

また、運送屋としても走りやすい。

 

深夜の時間は営業でない時間なんでしょうね。

ついでに開けとくと。

 

 

深夜営業が時代的にしづらくなってこれからどうなるんでしょうね。

死に方について

○死に方について。

中央斎場に仕事に行きました。
別に死にたいわけではなく、普通に死についてふと考えるわけです。

生のゴールとしての死。
こんなゴールは、素敵だなと思う死に方があります。

火の鳥の1つの話です。
調べましたが何編で、何という主人公か忘れました。

未来の話で、人が自由に宇宙を往来できる時代。
恋人をなくした男が、星の無い方向にロケットが発射され生還は絶望的。
案内ロボットがいたのですが、なんとそのロボットには恋人の人格が移植されていました。

男は絶望や孤独から救われ、ロケットの空気がなくなるまでそのロボット(恋人)と語り合ったという。

汚れの仕事

○汚れの仕事
※グロ注意、嫌な人は読まないことをお勧め。

好きなわけではないが、たまに汚れの仕事がある。
自分は鈍感力がかなり高いので、汚れても風呂入って洗濯したらいいやと思ってしまう。

今回は時たまある汚れの仕事の中でギリ、記事にできる仕事。

猫の死体処理。

猫は死ぬ間際に人間、特に飼い主の見えないところに移動する習性があるようで、よくわかんないとこで死んでいることがしばしばあります。

その中で困るのは、隣の人など飼い主でない人の敷地内で死んでること。

京都市は処理してくれますが、敷地内から出して公の道路に出さなければいけない。

そんな時に依頼を受けるわけです。

箱に詰めて、役所にわかるように道に置いとく簡単な作業ながら、かなり人を選ぶ仕事。

依頼主は本当に困っているので、すごく感謝されます。

汚れでも喜ばれる、汚れだからこそかも。