ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

軍師官兵衛

軍師官兵衛 19話

使い捨てへの恐怖と迷いを感じる回です。 村重と、政職が織田よりも毛利をとる謀叛ですが、決断の晴れやかとは程遠いですね。 村重の謀叛に光秀はどれくらい影響あったのだろうかというのは、昔から気になっていました。 半兵衛の本音「おぬしに万一の事があ…

軍師官兵衛18話

普請は石田殿に任せる、というセリフがありますが、三成はまだ小姓。演出でしょうか。 村重の謀叛には中川清秀が深く関係していると思います。自分の失態を隠すために謀叛を勧めたのか、元々信長と馬が合わないのか…。中川清秀は村重に謀叛を勧めておきなが…

軍師官兵衛17話

軍師官兵衛が再放送されると、ファンでは賑わっていますね。 信用と裏切りについて考えさせられます。信用を軽んじる信長…幼いころ母親に嫌われたのが人格に影響してるのでしょうか。秀吉も義理の父に嫌われたという説がありますが、信長との違いがはっきり…

軍師官兵衛 16話

久々の軍師官兵衛の更新。 16話播磨は毛利と織田の緩衝地帯でしたが、最前線に一気に変わります。曖昧な態度は許されなくなりました。大大名と大大名に挟まれる小勢力の生き残り方は本当に大変ですね。宇喜多直家の去就定まらないような態度も生きる知恵かも…

軍師官兵衛 15話

15話信用と恐怖がキーワードかと思っています。 櫛橋左京進、本願寺、村重、そして信長の恐怖。 毛利を信じて、織田を信じない。安国寺恵瓊は信長の不信をついて、播磨を説き、秀吉や官兵衛を非常に困らせるわけですが、敵対している恵瓊と秀吉のお互いを高…

軍師官兵衛 14話

鹿…山中鹿之介の回ですね。肖像画だと爽やかな好青年ですが、もみあげがあって気になります(笑) 山中鹿之介といえば、月に我に七難八苦を…と祈るのが有名ですが、間違った刷り込みだと以前から思っていました。彼の真の願いは、立派な武士なることですから…

軍師官兵衛13話

秀吉、半兵衛と官兵衛の関わりが面白い回でした。官兵衛にとって半兵衛とはどのような人物か、というのを考えますと、・秀吉の先輩軍師である・年上・織田家…羽柴家から天下を見ている広い視野・松寿丸の命の恩人 と常に一枚上手な人物という印象があります…

軍師官兵衛 12話

松寿丸の人質ですが、結婚経験がなく、子供のいない僕はイマイチ感情移入しにくかったりします。この回を理解するには未来が必要ですね。また、家族との別れは悲しいけど、秀吉&おねの庇護下にあることと、次の世代…福島正則や加藤清正などとの交流を考える…

軍師官兵衛 11話

11話木津川口の戦いですが、記録が少なく詳細がよくわからないのがもったいないところ。海戦の記録は貴重なようです。しかし織田軍が敗北したとなると政職でなくとも揺らぐかもしれません。官兵衛も辛かったでしょう。宇喜多直家はかなりくせ者風に書かれて…

軍師官兵衛 10話まで

13話まで見ました。まずは10話の感想から。織田家、羽柴家との関わりあいにくよって官兵衛は播磨だけでなく、もっと広い視野を持っていくのがわかります。 英賀合戦について。姫路を守ることはすでに黒田家、小寺家だけでなく、織田家や羽柴家の播磨先導役を…

軍師官兵衛 7話まで

7話まで見ました。家督を継いで、若者から若い当主になる官兵衛と善助、太兵衛の成長に期待ですね。 ケチと倹約は違う、家臣が公平に思うように家臣に売るというエピソードが官兵衛らしいです。 足利義昭に対面する信長の着物、作法に則りながらも、奇抜なデ…

軍師官兵衛 4話まで

軍師官兵衛を4話まで見ました。知恵者の空気を出しつつも若さたっぷりの岡田官兵衛が爽やかです。 小寺政職に仕えているのは、劇中では人質の色が強いが、将来の幹部育成の意味合いも強いように思います。 政職に深く触れることで、斎…氏職を福岡に客分とし…

軍師官兵衛

前から気になってたんですが、オススメされて軍師官兵衛を見ることにしました。 映画・関ヶ原は個人的にはイマイチと思ってますが、岡田三成は文句なしでしたね。 官兵衛や三成など、知将タイプ、思考タイプが向いてるんでしょうか。 これを見るに当たって、…