ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

師の死と残された方々。

おもしろくない話だったので、今まで公開しませんでしたが、気持ちがひと段落したので日記にします。

 

1月末に師が亡くなりました。

ありがたいことに、僕には数人師匠がいますが、このNさんは庭師の師です。

 

以前便利屋で働いてた時の取引先だったのですが、その便利屋と揉めて辞めた時、僕側についてくれて仕事をくれた方です。

 

庭についていろいろ教わりました。

僕は庭師ではないので詳しくはないですが、Nさんのおかげで庭仕事も多少はできます。

 

ある日、

「う〜ん、まあええやろ。」

と庭の合格もらった時は嬉しくてガッツポーズとったっけ。

 

軽トラの横乗りしながらいろいろな話したなあ。

女性の話が一番盛り上がった。

 

艶福家で、本宅と愛人宅があって、僕が知ってるだけで3人愛人がいました。

70代半ばだったのに(驚)。

 

最期はガンで、亡くなる前に車の処分を頼まれて、売却した時には感謝されましたよ。

 

庭道具の一部を僕にくれました。

形見のつもりだったのでしょう。

大切に使っています。

 

 

亡くなった後、本宅は奥さんと息子さんがいらっしゃるのでいいとして、長岡京になる別宅と愛人のYさんがどうなるか気になってました。

 

もう家も処分してしまったのだろうか…。

 

常にYさんが長岡京の家に住んでるわけではないのは知っていたので、行っても会えないかもしれない…それどころか、売却済みもしくは解体済みかもしれない。

 

 

たまたま近くで仕事があったので、行ってみました。

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

Yさんがたまたまいらっしゃいましたよ。

月に数日しかいないのにタイミングばっちり。

自分の引き寄せ力を褒めたい。

 

 

亡くなったNさんの話など、いろいろ話してきました。

愛人が数人いたのは知らなかったらしい(笑)

 

この愛人…Yさんも相当変わっていて、Nさんの20代半ばの頃から付き合っていたよう。

Nさんは20代前半で結婚しているので、結婚後すぐYさんと付き合って50年くらい…。

そしてYさんは結婚はしていない。

 

 

 

長岡京の家はYさんの名義になっているので、別宅として月に数日一人で気楽に過ごしているとか。

本宅は奥さんと息子さんが。

別宅はYさんが。

 

Nさんは死後を踏まえて、財産を分けて残しておいたんですね。

 

 

Yさんがどうなっていたか気になってましたが、それなりに幸せに生きているようで安心しました。

 

また会うこともあるはず。

 

 

 

NさんとYさん。

いろんな人生があるなあと、生きるとは何かと考えさせられました。

 

 

YさんからNさんの仕事道具をもらいました。

僕も便利屋というか、人生頑張って生きようと思います。

 

NさんYさん、ありがとう。