ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

軍師官兵衛 4話まで

f:id:kumonokanatani0501:20171114234445j:image

 

 

軍師官兵衛を4話まで見ました。
知恵者の空気を出しつつも若さたっぷりの岡田官兵衛が爽やかです。

 

小寺政職に仕えているのは、劇中では人質の色が強いが、将来の幹部育成の意味合いも強いように思います。


政職に深く触れることで、斎…氏職を福岡に客分として招くという流れなんだあと気がつきます。

 

岡田准一は、馬と殺陣がうまいなあと思いました。
馬上チャンバラのシーンや、おたつが亡くなった後の刀を振り回してるシーンなど。

婚姻の式や葬式、正月に敵に攻め込まれるケースを戦国時代では時たま見かけますが、黒田家にそのような話があったのは知りませんでした。
思いびとのおたつを養女に…というエピソードが史実を交えてあり、心を動かされるシーンだと思います。

女性から見ると不自由な時代に見えますが女性のみなさまは、いかがでしょうか。

堺の荒木村重や、キリシタンの話も面白いですね。


荒木村重は、評価が高くない人物ですが、僕は好きです。
茶人の割には名誉欲や金銭欲が強かったり、優柔不断や裏切り。道糞と名乗って自虐的だったり。
人間の生々しさを感じます。


軍師官兵衛では織田家、秀吉、半兵衛がしばしば出てきて、将来の繋がりが楽しみです。

半兵衛について調べましたが、半兵衛の父は斎藤道三と義龍の戦いの時、道三派だったんですね。
龍興の半兵衛の冷遇はこの辺りにもありそうです。


官兵衛の父職隆ですが、政職に疑われた際に隠居するという決断が、賢いですね。

この時代の播磨勢力を確認しましたが、赤松、浦上と両家の分裂、別所。
尼子と毛利で、大勢力の影響を受けつつ小勢力が割拠し、暗殺も多いということで、生き残るのが大変だったとわかります。

重隆、職隆。
官兵衛の賢さは祖父と父譲りなんですね。