ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

本能寺の変前後の光秀の行動…室町幕府再興論

光秀は室町幕府再興を本気で考えたわけではない、というのが史学界の一般的な考え方のようだ。

 

やはり本能寺の変以前に室町幕府再興のための動きがないため。

 

そもそも光秀と言う人は義理を重んじない人なので、昔仕えていたとはいえ、本能寺の変前後でもすでに旧体制になっている室町幕府を引っ張りだしてくるメリットは少ないように思える。

懐古主義とか保守的な考え方は持っていない。

 

 

光秀の本能寺の変の動機に室町幕府再興論を上げているのは藤田達生氏。

大学時代に論文や本を読んだが、どうもこの方は室町幕府再興論を強化するために資料を探したり補完しているようだ。

 

歴史学に限らず、研究者は研究に強いバイアスがかかってるらしい。

その研究が一般的というか、真実に近いかどうかは別問題。

 

熱意は素敵だと思うが、偏りが良いかどうかは難しい。