ドリームコネクトブログ

夢へと繋がっていく。

歴史と現代社会の混乱

 現代は価値感戦国時代だと思っている。

 

大勢力が小勢力に足元をすくわれることはしばしは見かける。
下克上といってもいいだろう。
金融業のケースだと、コンビニや携帯での決済は常識となり、銀行という強みが揺らいできた。
運送業では、宅配業が限界を超えてしまったことや自動運転、ドローンの出現…つまりAIの発達により、これまでとは違う仕組みが求められる。

おそらくさまざまな世界で、同じ事が起こっている。

 


現代で生活していて、世の中が変化を目の当たりにすると驚くが、実は歴史の流れで見てみると変動期が存在している。
変動期の前の出来事を調べると世の中の変化の兆候が見られる。
また、変動期の後も変化のパターンが存在する。

過去にあった事と現代では世の中が違うが、しかし通用する理も存在するのではないか。

過去の変動期に生きた歴史上の人物を調べ、どのように生き抜いたかを抽出すると時代の節目となる現代の道標になるかもしれない。